水漏れ・つまり修理サービス

トイレ水漏れ・つまり修理

ホーム > 水漏れ・つまり修理サービス > トイレ水漏れ・つまり修理
トイレ水漏れ・つまり修理

トイレをご使用していて、何かお気づきの点がありましたらご相談ください。「使用してないのに便器の中に水が出てくる」「トイレの床が濡れている」など、何でも結構です(以下の水漏れ・つまりの例をご参照ください)。

当社サービスがお伺いし迅速にご対応いたします。

トイレ水漏れのケース

トイレの水漏れには、いくつかパターンがあります。

  • トイレタンクの給水管接続部からの漏水
    ⇒管の老朽や接続部パッキンの老朽が原因と思われます。
  • トイレ便器内にチョロチョロと水が出っぱなしになる
    ⇒タンク内の排水弁(フロートバルブ)の老朽不良、もしくはタンク内ボールタップ不良により水が止まらずオーバーしていると思われます。
  • トイレタンクと便器の間にある管(洗浄管)あたりから水がポタポタ落ちてくる
    ⇒洗浄管の老朽やパッキンの老朽などが原因と思われます。
  • トイレと床の隙間から水が染み出してくる
    ⇒床フランジ接続不良やガスケット不良が原因と思われます。この場合、排水管もつまっている可能性が高いです。

※その他にもさまざまな現象があります

トイレつまりのケース

トイレのつまりには下記のようなパターンが考えられます。

  • トイレ排水すると水が便器内にあふれてくる
    ⇒便器内に異物が引っ掛っている、または下流排水管がつまっていると思われます。
    一度、市販のラバーカップ(先端に半球のゴムがついたもの)を使ってみてください。異物がうまく便器を通過すれば、つまりは解消されます。
  • トイレ排水し、流れ終わるころに「ゴボゴボ」っと音がする
    ⇒排水管内がつまり気味か、排水管の勾配が悪いなどが考えられます。

※その他にもさまざまな現象があります

トイレ水漏れ・つまり修理

ご自宅のトイレで、上記のような水漏れ・つまりのケースを確認したら危険信号。そんなときは当社にお電話ください。親切丁寧なスタッフが迅速に対応します。

修理の流れ

  1. まずお電話にて、なるべく詳しい情報をお聞かせください。水漏れ・つまりにはさまざまなパターンがあり、原因によって作業内容がまったく異なってきます。
    使用されているトイレの種類(例:洋便器・TOTO製・角にタンクがあります など)もお知らせください。
  2. お客様と日時を調整し当社サービスがお伺い。実際に点検します。
  3. お電話と現場調査により状況を把握した後、修理作業をします。原因によってはトイレまわりの部品交換修理や、トイレの脱着、排水管清掃などの作業をします。
  4. 部品交換につきまして、同じ個所の部品でもメーカー(TOTO、INAX、海外製品など)によって変わってきます。在庫がない場合は別途お取り寄せ後の作業となります。
  5. 点検調査によって製品や部品が原因であった場合、メーカーでしか対応が取れないものもあります。こういった場合、メーカーサービスをご紹介、または手配し、迅速に対応します。

ページトップへ

リンクポリシー

ロート・ルーターサービス株式会社 城南
〒143-0012 東京都大田区大森東2-1-4 1階 Tel:03-3768-0406 Fax:03-3761-3055 E-mail:info@rrs-j.co.jp

Copyright c 2005  ROTO ROOTER SERVICE JYONAN Co.,LTD. All rights reserved.
ロート・ルーターサービス城南 会社概要 フォームからのお問い合わせはこちら