施工事例

トイレのつまり修理

ホーム > 施工事例 > トイレのつまり修理

こちらでご紹介するのは、トイレの床についている排水口から大量の汚水があふれ出し、床一面に溜まってしまったケース。

ロート・ルーターサービス城南では、店舗などで早急な対応が必要なときなどにも迅速に対応します。

トイレの床一面に汚水があふれ出す

トイレの床一面に汚水があふれ出す

店舗などのトイレの排水管は、各大便器から出た排水管が床でひとつになり、外につながっているケースがほとんど。こちらのケースでも、汚水は各大便器からあふれたのではなく、床の排水口からあふれていました。

この状況から推測すると、大便器の直下ではなく、排水管の下流でつまりが発生したと考えられます。

プロのノウハウを生かしたワイヤー作業

プロのノウハウを生かしたワイヤー作業

このような排水管下流でのつまりの対応としては、ワイヤーを使っての除去作業となります。

その際注意しなければならないのは、排水管の太さや素材に合ったワイヤーを選択すること。ワイヤーの選択を誤ると、つまりが解消されなかったり、排水管を破ってしまうことがあります。

当社の熟練スタッフが大便器の排水口から太いワイヤーを入れ、つまりの除去をおこないました。

汚水のあふれもすっきり解消! 翌日から営業OK

汚水のあふれもすっきり解消!汚水のあふれもすっきり解消!

つまりが解消されると、床一面に溜まっていた汚水がスムーズに流れ、もとの状態に。

今回のつまりの原因は、大便器に流されたハンカチが、排水管の下流でつまったことによるものでした。

床に設置された排水口は、大便器の排水口に比べ低い位置にありますので、一番低い排水口から汚水があふれ出したと考えられます。

ページトップへ

リンクポリシー

ロート・ルーターサービス株式会社 城南
〒143-0012 東京都大田区大森東2-1-4 1階 Tel:03-3768-0406 Fax:03-3761-3055 E-mail:info@rrs-j.co.jp

Copyright c 2005  ROTO ROOTER SERVICE JYONAN Co.,LTD. All rights reserved.
ロート・ルーターサービス城南 会社概要 フォームからのお問い合わせはこちら